ユニットバスの寸法選定


ユニットバスの選定方法。

まずはどんな配置からです。

ub01

扉から見て、浴槽がどこにあるのかをまず確認します。

現状から変更したい場合も、これが目安になります。

 

ユニットバスのサイズの呼称は、内寸法からで

サイズ1014  浴室全体の内寸法の狭い方の幅が1000mmで広い方の幅が1400mm

サイズ1115  浴室全体の内寸法の狭い方の幅が1100mmで広い方の幅が1500mm

サイズ1116  浴室全体の内寸法の狭い方の幅が1100mmで広い方の幅が1600mm

サイズ1117  浴室全体の内寸法の狭い方の幅が1100mmで広い方の幅が1700mm

サイズ1216  浴室全体の内寸法の狭い方の幅が1200mmで広い方の幅が1600mm

サイズ1218  浴室全体の内寸法の狭い方の幅が1200mmで広い方の幅が1800mm

サイズ1220  浴室全体の内寸法の狭い方の幅が1200mmで広い方の幅が2000mm

サイズ1316  浴室全体の内寸法の狭い方の幅が1300mmで広い方の幅が1600mm

サイズ1317  浴室全体の内寸法の狭い方の幅が1300mmで広い方の幅が1700mm

サイズ1318  浴室全体の内寸法の狭い方の幅が1300mmで広い方の幅が1800mm

サイズ1416  浴室全体の内寸法の狭い方の幅が1400mmで広い方の幅が1600mm

サイズ1418  浴室全体の内寸法の狭い方の幅が1400mmで広い方の幅が1800mm

サイズ1616  浴室全体の内寸法の狭い方の幅が1600mmで広い方の幅が1600mm

サイズ1618  浴室全体の内寸法の狭い方の幅が1600mmで広い方の幅が1800mm

サイズ1620  浴室全体の内寸法の狭い方の幅が1600mmで広い方の幅が2000mm

サイズ1624  浴室全体の内寸法の狭い方の幅が1600mmで広い方の幅が2400mm

サイズ1717  浴室全体の内寸法の狭い方の幅が1650mmで広い方の幅が1650mm

サイズ1818  浴室全体の内寸法の狭い方の幅が1750mmで広い方の幅が1800mm

 

メーカーによって存在する浴槽のサイズに応じて対応・非対応はありますが、これらの寸法が一般的です。

中には、浴室の大きさは完全オーダーメイドで対応出来るメーカーもあります。

既設が昔ながらのタイル貼りの浴槽が地面に沈んでいる在来浴室の場合は、これらに近い寸法で選定します。

尚、内寸法なので、必要設置寸法は、プラス10cmずつあれば、スイッチ用の配線やカラン用の配管等にも充分です。

 

高さは、土間から2500㎜あれば充分です。

ユニットバスの内高さが2mくらいなのですが、下に排水管を通すのに嵩上げしています。

それがだいたい200㎜で、天井には換気扇も取付ますので300㎜程度あれば。という事で2500㎜は必要になります。

浴室乾燥機でも高さ200㎜程度なので、充分ですが、洗面やトイレなども同時に同じ換気扇で換気する場合は、換気ダクトを接続しますので、もう少し高さは欲しいものです。